スプレータンニング Part.12

お世話になっております、新宿メンズ脱毛・ハイパーナイフ「MEN’S EBINE(メンズエビネ)」です。

只今マッスルコンテスト真っ盛りのシーズンです。当サロンも連日コンテストに出場されるお客様で埋め尽くされています。本当にありがとうございます。
マッスルコンテスト前日定番のトリートメントと言えば、スプレータンニング(ボディカラーリング)でございます。スプレータンニングは特殊な塗料を専用のマシンでカラダに吹きかけることにより、塗料の成分が皮膚表面の角質に反応し、肌を黒く染めるといった珍しいトリートメントです。一般の方にはあまり馴染みはないかもしれません。

今回はスプレータンニングの際、特に多い失敗のケースとその対処方法をお伝えいたします。スプレータンニングを美しく仕上がるためにはなるべく色ムラにならないよう事前の準備が必要でございます。
色ムラの原因と言えば、①ムダ毛産毛が多いこと。これは体毛が塗料を吸ってしまい、肌に浸透しずらくなってしまうためです。ですのでスプレータンニング当日までに全身のあらゆる体毛を剃毛してきていただくことをオススメいたします。いま目に見えていないような産毛でも、スプレータンニングの塗料を吸い込むと目立つようになり、仕上がりも汚くなってしまいます。ご自身では不可能な背中や肩周りの産毛に関しましては、ご友人様やパートナー様に手伝ってもらって下さい。
②古い角質が多いこと。角質に反応させ、肌を黒く染めるスプレータンニングは、角質の濃さにムラがあると、色ムラの原因となります。ですのでスプレータンニング当日までに古い角質を落としてきて下さい。方法としましては、垢スリや入浴の際にピーリング剤の使用をオススメいたします。入浴時ピーリング剤を使用する際には、必ずシャンプーなどをする前に行って下さい。シャンプーの泡が肌をコーティングしてしまい角質を落としにくくなってしまうためです。
③日焼けによる皮の剥がれ。恐らく多くの方は大会までに何度か日焼けをされるかと思います。スプレータンニングもある程度日焼けによる下地や肌の乾燥がある方がカラーが色濃く入ります。肌質が弱く皮が剥けやすい方は、弱い光で少しずつ焼くこと、また必ず日焼け前後に保湿を行うようにして下さい。それでも皮が剥けてしまう方は、スプレータンニングで十分な黒さになりますので、無理して日焼けされなくても結構です。

以上がスプレータンニングを行う際に特に多い失敗のケースとその対処方法です。
最高の仕上がりでコンテストに挑みたい方は是非当サロンまでご連絡下さい!!
【スプレータンニング料金】
https://mens-ebine.com/price05

当サロンは新宿エリアにあるメンズ脱毛サロンです。四ツ谷駅より新宿通り沿いを新宿方面に3分程歩いた場所にございます。定番のヒゲ脱毛から、人気のVIO脱毛まで、全身のあらゆるムダ毛をメンズ脱毛いたします。
また現在話題のハイパーナイフ等を駆使したダイエットメニューや、紫外線のリスクなく日焼け肌風なれるスプレータンニングなど、肉体美を追求する男性の皆様へオススメのメニューを豊富に取り揃えておりますので、ぜひ1度当サロンへお越しくださいませ。
新宿エリアにある当サロンは、話題のダイエットマシン「ハイパーナイフ」をはじめ、全てのハイパーシリーズが体験できる国内唯一のメンズエステサロンです。
市ヶ谷・飯田橋・永田町・麹町・四谷三丁目駅からのアクセスも非常に良いので、お仕事帰り、学校帰り、トレーニング帰りなど、どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

 

関連記事

  1. スプレータンニング Part.5

  2. スプレータンニング Part.4

  3. スプレータンニング Part.3

  4. スプレータンニング Part.9

  5. スプレータンニング Part.1

  6. スプレータンニング Part.7